【Yさんの闘病記27】体を休ませるためには。

平成30年5月3日
 ゴールデンウィークが始まった。昨日は布団に入ったら、体が寝た。手足は動かないのだけど、娘が起きているから耳と頭だけが起きているという、未知の体験をした。朝、主人に話をしたら、体が疲れている時には「よくあること」らしい。体が疲れれば、本当に眠れるのだな。
 体を動かすことで、睡眠の質が良くなると、内臓もしっかり休むことができ、体調が整う。さらに、適度な運動は免疫力を上げる。癌を治すためにも、再発を予防するためにも必要なことだと思った。

平成30年5月7日
 昨日は近郊にある緑地公園に出かけた。緑の多いとことが好きだ。とてもリフレッシュできた。
 体を動かすと疲れて眠くなる。体力は確実に落ちているのだなと感じる。昼寝をする頻度も増え、夜も寝てしまうのでなかなか日記が書けない。
 薬の影響で、咳がひどく出ている。咳がひどくて、眠れないこともあったが、背中に枕を入れて高くするだけで、随分楽になることが分かった。睡眠がちゃんととれると、翌日の体調が全然違う。体を動かすときには特に足を動かすこと。今日も頑張ろうと思う。