【Yさんの闘病記29】アドバイスをもらったら行動してみる

平成30年5月18日
 今日は主人がお休みの日。なんだか一日バタバタしていた。ここ数日お友達との間に起ったこととか、主人に聞いて貰ったらとってもスッキリした。辛いとか悲しいとか、胸の中にためないでこうやって話をすればいいんだな。お友達との話に、学ばせていただくことも多い。主人も塾の仲間と少し話ができたみたい。
 感情がすごく高ぶって、気持ちも高ぶって、自分でコントロールが効かないことがたびたびある。脳がどんどん動いている感じで、眠れない。深呼吸して、一つずつ。目の前のことを丁寧に。

平成30年5月20日
 朝ウォーキングに行くようにしている。とても気持ちがよくて気分がウキウキする。子供たちが寝ているので、誰かお家にいてくれるときじゃないとできないのでとても有難い。
 お友達が地域にあるストレッチの教室を教えてくれた。インナーマッスルを伸ばす運動みたい。一回行ってみようかな。

平成30年5月21日
 昨日は主人と噛み合わない一日だった。近くのショッピングセンターで待ち合わせねと話をしていたのに、一向に来ない。電話をしてみると家にいると言っていた。その後も叔母さんに会いに行ったら、叔母さんがいない。聞いたらその日はお休みで別の予定に行っていた。ちゃんと確認してなかったみたい。話が噛み合ってない!が叔母さんとの間でも起こっている。大丈夫?
 行動することは大切。気づいたらそのタイミングで行動すること。ヒロ君はとにかく後回しにする傾向があったけど、最近行動が早くなったと思う。ただ、勘違いや思い込みのままに行動しては意味がないから、ちゃんと確認することも大切。
 お義母さんから連絡があって、お義父さんと一緒に病院に検査に行ったみたい。心配だけど、結果を待つしかない。