アフターコロナの生き方

新型コロナウイルス感染者の数は減少傾向にありますが、収束後のアフターコロナをどう生きていくのか、私達は考えていかなければなりません。

今回のコロナで周りを見渡すと、メディアなどの情報により右往左往し、不安や恐怖、ストレスを抱える人が多かった事に気付きます。

私達は流れてくるメディアからの情報を、ただ受け身で受け取るだけで良いのでしょうか?

私達には選択の権利があることを忘れていませんか?

全てを自らが決めた基準やルールに於いて選択していくべきです。
それは自分の人生に責任を持つ事でもあり、他人のせいにせず、自らの足で人生を歩むという事でもあります。

人は人に影響され、影響しながら生きています。
情報だけでなく、人と付き合うにも基準を持ち、選んでいかなければならないのです。

あなたは基準を持っていますか?

趣味が合うから。気が合うから。
または、気に入らないからなど、感情が優先になってしまうと、選択する判断基準を間違えてしまいます。

私達はこれから先も生きていかなければなりません。
その生きるという事を優先順位のトップにするならば、感情的な事は入れないことです。

感情を思考でコントロールし、人、もの、金、情報も全て基準を持ち選択していく事が大切です。
その全てを司るのは時間。

どのように生きて行くのか、どんな基準で何にどのくらい時間をかけるのかもしっかりと将来に向けて、今一度考えなければならないのではないでしょうか。

塾では明確な目標目的を持ち、基準やルールに従って日々学び、生活しています。