何事も意図を持って行うことが重要

邦在りても必ず聞こえ、家に在りても必ず聞ゆ

とかく人は周りの人から評価してもらいたいもの。
例えば、常に言動が一致していて、義を重んじる姿勢を崩さない。
また、人の意見をよく聴き謙虚であり、常に相手の感情を害さないよう接する。
このような人物こそ、世の中の人から評価されるものである。
では、自分自身が評価されるにはどうすればよいか?
当たり前の答えではあるが、一番は上記のような模範的な人物になるよう努めることではある。
それよりも大事なことは、自分のことを一番評価してほしい人に対して、模範的な人物として振る舞うこと。
それにより、自らの評価を上げるだけでなく、自身の目的を果たしやすくすることにもつながる。
つまりは、何事も意図を持って行うことが重要なのである。