大事なことは、常に進化し続けること

大事なことは、常に進化し続けること

古えを好み、敏にしてもってこれをもとむる者なり

人は誰でも憧れている人や尊敬している人を目標として、日々努力しようとする。
その相手が、政治家だったり、学者だったり、企業家やスポーツ選手だったりといろいろである。
ともかくも、自分も目標とする人になろうと必死に相手から学ぼうとする。
そこで大抵の人は、目標とする人と同列の存在になることが最優先事項となっている。
それはそれで大事な要素ではある。
だが、ちょっと考えてほしい。
目標とする人と同列になるということは、それ以上にはならないということ。
同列になった時点で目標が達成される訳で、そこで終了ということになる。
つまり、成長が止まるということ。
成長が止まれば停滞がはじまり、あとは衰退していくのみ。
そして、死を待つのみとなる。
それよりも、目標とする人に追いつき追い越す気持ちで努力するほうが、自分にとってより多くの成果をもたらすことができる。
そのためにも、常に相手の良いところを観察し、自らの言葉にできるようになるまで何回も何回も学び実践し続けること。
それを繰り返していくことで、自然と相手からの学びが自分にとっての血となり肉となる。
大事なことは、常に進化し続けること。
そのためにも、相手に並ぶのではなく、相手以上の存在になる意識を持って、日々努力していかなければならない。