常に上を向いて努力しつづける

能なきを病う。人のおのれを知らざるを病えず

人は自分が他人から認めてもらうことを望むものである。
だが、実際にはなかなか認めてもらえないことの方が多い。
そんな時ほど、周りに対して不満を持ちやすくなるもの。
“自分はやれている!”
“周りの人間は何もわかっちゃいない!”
そう心の声が聞こえてくる。
だが、本当にそうだろうか?
実は自分の実力がまだ足りていないのではないだろうか。
自分が認めてほしい人からは、今の自分では認めてもらえる位置にいないのではないのか。
そう考えた方が、より前向きに進むことができる。
下ばかり見ていては、何も進まない。
常に上を向いて努力し続けること。
それにより、自ずと周りから自分のことを認めてもらえるようになる。
全ての原因は、自分自身。
そのことを肝に銘じて努力することが大事である。