年金受給モデルケース

8月の終わりに5年に1回行われる、「年金の財政検証」が公表されました。

私たちが受け取る年金の健康診断のようなものです。

将来的にいくらぐらいの年金が受給できるのかの目安になります。

あくまでも目安になるので、年金は働き方、納付年数によってまちまちです。

自分がいくら受け取れるかは必ず個別で計算しましょう。

今回もそうですが、年金の財政検証では年金受給のモデルケースとして発表されます。

ではこのモデルケースとはどういう家庭なのでしょう?

会社員の夫 40年勤務
専業主婦の妻

2人で受給できる年金は夫婦2人の基礎年金と夫の厚生年金になります。

基礎年金2人分は月額13万円
夫の厚生年金は月額9万円

合わせて21万円というのがモデルケースとなっています。

働き方が多様化している時代です。
会社員ではなくフリーランスを選ぶ人もいます。

パートタイマーでも働く時間によって厚生年金が付きます。

また現在と数十年後の受給金額は物価水準や経済成長によって、変わるという認識を持ってください。

自分の場合はどうなのかと考えましょう。