曲がった道を進んで成功しても一時的なもの

人の生くるや直し

人の生き方とは、本来はまっすぐな道を歩むことである。
それにより、自分自身豊かな人生を送ることができる。
だが、世の中の多くの人が、それに気づいていない。
それは、何故か?
それは、自分の欲求に惑わされ、本来のまっすぐな道ではなく、曲がった道に進んでしまうから。
それにより余計な人やもの、ことを引き寄せてしまい、自分自身後悔の多い生き方を送ることになる。
仮に曲がった道を進んで成功を収めたとしても、それは偶然の産物であり、一時的なもの。
いずれ、余計な存在に足下をすくわれ失敗に終わることになる。
そうならないためにも、人は本来の生き方をしなければならない。
そのためにも、人としての在り方を学ぶ必要があるだろう。