本性を見極めよ

そのもってするところを視、その由るところを観、その安んずるところを察すれば、人いずくんぞかくさんや

世の中の多くの人は、最初の第一印象で他人の評価をする。
その上で、結婚や仕事上の契約などを結んでいくことが、ほとんどである。
確かにはじめの印象が大事なことは、間違ってはいない。
ただ、それだけで相手の評価の全てを決めてしまうことは、早計である。

なぜか?
人はそれまで生きてきた年数があり、その過程で様々な経験をしてきているはず。
なので、現在の相手の姿は、それらの年数を経たのちの結果ということになる。
そう考えてみると、真の相手の姿を知るには、現在の姿だけではわからない。
それを見極めるためにも、相手とのやりとりの中で、過去の出来事や相手の考え方など、様々な情報を得て分析する必要がある。

つまり、上辺の姿に惑わされず、その先に隠れた本性をみようとすることが大事。
これこそが、玉石混交の世の中において、より良き人間関係をつくるための秘訣である。