日々の小さな努力の積み重ね

功の崇きはこれ志、業の広きはこれ勤なり

仕事において成果を上げるためには、目的を果たそうとする意欲や志が必要である。
しかし、どんなに高い志や意欲を持っていたとしても、それだけでは成果を上げることはできない。
大事なことは、日々の目の前にある小さな目標を達成しようと努力すること。
その努力が、やがて大きな成果をうむことになる。
日々の小さな努力の積み重ね。

これを怠ることなく積み重ねていった者が、常に勝負ごとにおいて勝ち続けることができるのである。