物事に取り組む時に大事なこと

子、四を絶つ。意なく、必なく、固なく、我なし

物事に取り組む上で大事なこと。

・決して主観で判断をしないこと

・自分の意見を強引に押し通そうとしないこと

・ひとつの見方や考え方にとらわれないようにすること

・自分勝手な都合で考えず、常に周りの都合を優先して考え行動すること

常にこれらを基本として意識しておくことで柔軟な発想をすることができ、行動にも幅がでる。

そしてなにより、将来起こるであろう出来事に対しての対策を事前に察知し考え準備しておくことができる。

物事で結果を出し続けようと思うのなら、必ず意識しておきたいことである。