相手のタイミングで話しかけよ

君に事えてしばしばすれば、ここに辱しめらる。朋友にしばしばすれば、ここに疎んぜらる

仕事や家庭などにおいて、相手に自分の意見を伝える時がよくある。
その時、伝えたい内容が正しいことだったり、相手にとってとても貴重なものだったとしても、受け入れてもらえないことが多い。

何故か?
それは、自分が伝えたい相手のことをよく観ていないから。
観ていないとは、どういうことか。

例えば、話すタイミング。
話をするタイミングが相手ではなく、自分都合のタイミングになっていて、相手が聞く態勢になっていないところに話をしてしまう。

または、言葉遣い。
人は自分が知っている言葉が相手も知っているものと勝手に思いこんでそのまま言葉を使ってしまう。
これでは、どんなに良いことであっても相手には伝わらない。
本当に相手を思い、本気で伝えたいと考えているのなら、相手にわかりやすく伝えること。

その時に大事なことは、相手のタイミングで話しかけること。
そして、普段相手が使っている言葉遣いで話すこと。
そのためにも、普段から周りの人に対して意識を向け、よく観察すること。

これなら、相手に違和感を与えることなく話をすることができるだろう。
これは人間関係において、良い連鎖をうむことにも繋がる。
日々意識しておきたいものである。