相手を思いやる気持ちを持って行動する

命をつくるに、神諶これを草創し、世叔これを討論し、行人子羽これを修飾し、東里の子産これを潤色す

会社において、ひとつの事業を行う上で、多くの人が参加している。
報告書ひとつ作成するにしても、情報を集める担当、文章を考える担当、内容に校正を加える担当、最終確認をする担当など、様々な人が関わっている。

そして、当たり前のことだが、仕事においては期日までに完了させることが求められる。
そのためにも、常にお互いが相手を思いやりながら行動する意識を持つこと。
その意識を持つことこそが、仕事で成果をあげる要因であり、組織における絆を深めることにもつながる。
要は、相手を思いやる気持ちを持って行動すること。

このことが連動を生み、良い連鎖を広げていくことになるのである。