組織が組織と「成る」ためには?

子帥いるに正をもってせば、たれかあえて正しからざらん

会社や家庭などの組織を運営するにあたって、規範や理念の存在は大きい。

それがない組織は組織とはいえず、単なる烏合の集。

仮にあったとしても、所属するメンバーがそれを理解し実践できていなければ、存在しないのも同じこと。

もし、組織内に規範や理念を浸透させたければ、まずはトップに立つ人間が身をもって実践し模範を示すこと。

それにより、メンバー各々が自発的に理解するようになり、やがて実践していくことであろう。

大事なのは、人を束ねる者が姿勢と行動をもって相手に伝えるよう努めること。

組織を強固にしたければ、このことは怠ってはならない。