結果を出すために

苗にして秀でざるものあるかな。秀でて実らざるものあるかな

人が物事に取り組むにおいて大事なことは、結果を出すこと。
仕事や学業の世界においては、正にそう。
なぜなら、結果を出せない人間が昇進や昇級、進学することはありえない。
もし、結果を出せなかったとしても、その場で命は取られることはないかもしれない。

だが、長い目で見たとき、結果を出せなかったことで自分の立場を悪くすることは確実である。
そのときになってる悔いても、もう手遅れ。
恨むなら結果を出せなかった自分を恨むしかない。
そうならないためにも、結果を出すこと。

そのためには、今までの自分とは決別し、新たな自分を創り出すこと。

その上で成長するために、日々精進し続けること。
今のままでは、何も変わらない。
変わるということは、好きなことを我慢しなければならないかもしれない。
また、嫌いなこと苦手なことをやらなけばいけないかもしれない。
そのほかにも、いろいろなことをやらなけばならないかもしれない。
それでも、本当に結果を出したいと思うのであれば、これまでの自分を捨て今こそ新たな自分を創り出そう。

真にあなたの助けを待っている人たちのために。