結果を残すためには組織をつくれ!

君につかえんことを問う。欺くことなかれ、しかしてこれを犯せ

会社や家庭などの組織において、目的を果たそうとする上で、周りの人との協力をすることは大事なことである。

仮にひとりでなにもかもやろうとすれば、ものの見方が偏り行動も独善的になる。

そのため、正しい状況振り返るが出来なくなり、誤った判断をすることにもなる。

そうなれば、所属するメンバー同士の関係もギクシャクするようになり、組織に対する思いも希薄になる。

結果、目的を果たすことが出来ず、組織自体が崩壊することになる。

大切なことは、

・集まったもの同士が目的を果たすために、遠慮せずお互いに意見を交わすこと

そして、

・共通の目的を果たすためにお互い切磋琢磨していくこと

である。

それを続けていくことで、お互いの絆が深まり、組織に対する思いも強くなっていく。

その結果、メンバー全員の協力のもと、組織として目的を果たすことができる。

いわゆる良い会社、良い家庭というものは、このようにしてつくられていくのである。