言葉は意思を伝えるもの

辞は達するのみ

言葉は意思を伝えるものであって、感情を伝えるものであってはいけない。
感情を伝えてしまえば、最悪の場合、自分の周りから人が去り、独りぼっちになってしまう。
そのため現状を変えることができず、いつまでたっても進歩がない。
だが、意思を伝えるものであれば、どんなに苦しい状況であっても周りの人から意見をもらえ、いろいろと考えを巡らすことができる。
さらには、周りの人の協力を得られて現状を打破し、前に進むことができる。
これだけでも、大きな差がうまれてくる。
だからこそ、言葉を発する時は慎重にしなければいけない。