集団のトップに立つ人に求められるもの

温にしてはげし、威ありて猛からず、恭にして安し

集団のトップに立つ人に求められるもの。

①相手に対して厳しさの中にも温かさがあること。
②威厳はあるが圧力は感じさせないこと。
③謙虚ではあるものの窮屈さをあたえないこと。

そのためにも、日々目的を持って行動し、相手に対して思いやりや気配りを忘れないこと。
そして、決して相手を恨んだり、妬んだりせず、日々修身していくこと。
トップに立とうとするなら、必ず心掛けておきたいことである。