0金利世代

先日、日本経済新聞の記事から「0金利世代」という言葉を見つけました。

他のFPとお話している時にも、金利の考え方については世代で随分違うようです。

0金利世代とは30代以下の世代のことを言います。

私もその1人になります。

今まで社会人になってから金利が上昇したことがありません。

学生の時はハンバーガーが1個60円、牛丼1杯が250円と安く食べることが出来ました。

どちらかというと価格は下がるというイメージか強くあります。

必然的に金利は上がらないという印象から住宅ローンは変動の低い金利を選ぶ人がほとんどです。

0金利世代はお金の借り方も預け方も親世代とは同じ考え方を持つのはやめにしましょう。

時代に合った資産形成の知識を持つようにしましょう!