ご挨拶

「全ての女性へのエール」

女性の生き方はますます多様になっているにも関わらず、何となく感じる不安や閉塞感を抱きながら、それでも懸命に日々を送っている方が大勢いらっしゃいます。
私たちは、女性がどんな選択をしたとしても、常に自分らしく、充実感を持って毎日を過ごすために、何かできないかと思い、当社団を設立しました。
もし、この先の人生において、自分が望まない思いもよらないことが起きたとしても、もし、今がその真っ只中だとしても、心の在り方と思考のチカラによって、光を見出すことができます。
そのためには、美しく前向きな思考を持ち、健やかな日常を送ること。
私たちの考える、この「美と健康」は、利他の基本と位置付けており、外面だけでなく、内面そして考え方そのもののベースだと思っています。
人は自己中心に生きていくことには限りがあり、また自己中心の人達との付き合いが日常にあるとするならば、そこにストレスのない環境があるとは思えません。
利他は、どんな方にも必ず存在します。
貴方自身が利他となり、家族や周りの方々の為に、健康で美しく前向きな思考でいることが、利他の基本だと信じています。
しかしながら、一足飛びに利他は得られるものではありません。

私たちが基本とする利他の考え方、そして思考の在り方は、人との関わりを好循環させ続けることが前提としてあります。
対人関係、特に子育てについては、思考の在り方は大きく影響し、育てる方の思考次第で全く違うものとなるのは、想像に難くないことと思います。
利他的な思考の在り方は、貴方自身はもちろん、何よりお子様の未来を、本来持っている力強さや優しさ、自信を引き出し、多くの人に愛される生き方へと大きく変化させる力を秘めています。

働きながら、子育てをしながら、周りの方々との関係性の中で、少しでもストレスのない、豊かな心で“自分らしく生きていく”ための、そんな生き方のお手伝いをしたいと考えています。

日本ミネルヴァシンクタンクを立ち上げた想い

私は妻を2年前の夏に亡くしました。
妻は42歳の時に左胸に乳癌、44歳の時に右胸に乳癌、47歳の時に卵巣癌を発症していました。
合計で12年間の本当に苦しい治療に耐えた闘病生活を送りました。

妻は「生」への意識がとても強い人でした。最後の最後まで生きることに執着し、それは時として子供のことより優先順位が高いこともありました。
効果的な抗癌剤があると医師が言えばどれだけ副作用がきつくてもそれを試しました。

とにかく生きることを諦めない女性でした。病気に負けまい、自分に負けまいとしているその姿を見ていた周囲の家族、親族は言葉がありませんでした。もしかしたらこのまま生き続けるだろうとすら思えました。

残念ながら妻が亡くなった時、息子は社会人1年生、娘は大学1年生と大きくなっていたので、助けてもらうことが多かったのですが妻という女性が残してくれた宝物です。

妻の闘病、そしてその死を経験して考えたこと、妻を亡くした一人の男性として考えたこと、それは多くの女性が健康でもっともっと活躍してもらうお手伝いが何か出来ないか、ということでした。
世の中、育児その他日常生活で女性の役割の多さとその重要性にはとても大きいものがあります。職場でも然り。
私も妻が居なければ、育児どころか日常生活も不可能でした。
その「女性」の果たす役割を考えた時に、その女性がまずは健康で居てくれることが大切、そして女性が活き活きとしてくれていること。そして美しくあってほしい、そう考えました。「美と健康」です。

どうしたらその「美と健康」を女性に提供出来るのだろうかと考えました。
私は当社団法人の他に「the land of cana-an」という塾の代表を務めさせていただいています。この塾で「自分で思考や脳を使い、豊かさを得るための方法」を学ぶ機会を得、今日まで塾生として学んでいます。思考が変われば態度や行動が変わり、環境が変わって友達が変わり、そして人生が変わる、を含め実践的、且つ奥が深い教えです。これにより学びの仲間たちが大きく変化成長する様子を目のあたりにいます。
その学びの中に「美しく前向きな思考を持ち、健やかな日常を送る」ことのヒントがあると気付きました。
「美と健康」は、利他の基本と位置付けられており、外面だけでなく内面、そして考え方そのもののベースであることも教わりました。
利他は、どんな方にも必ず存在しており、女性の皆さま自身が、家族や周りの方々の為に、健康で美しく前向きな思考でいることが、利他の基本だと信じています。

私達はその豊かになる為の学びを日々継続して、女性が社会的に活躍できるように、心の内面から美しくなれる場所を提供したく利他行である思考によって、今より更に女性に陽が当たり、人生を楽しんでもらえないかと考え、男性である私が沢山の仲間とこの社団を設立しました。このような環境をご紹介、ご提案させていただき、1人でも多くの女性に賢く人生を楽しんで貰いたい!そんな想いから理念は「麗美楽(レミガク)」と掲げました。

私達,一般社団法人日本ミネルヴァシンクタンクより全ての女性にエールを贈ります!

一般社団法人 日本ミネルヴァシンクタンク 代表理事 川俣雅明